FAQ

よくあるご質問


 

知っておきたいお墓の知識や、お客様からよくいただくお墓に関するご質問などをFAQ形式でご紹介しています。

ご覧になりたいコンテンツのタイトルをクリックしていただくと、当社の回答が表示されます。
ご不明な点などございましたら、本社または最寄りの営業所までお問い合わせください。

お墓は誰が建てるのですか?
お墓は誰が建てるのか、ということも問題になります。従来、家督相続思想に強く影響されて「故人の長男」や「嫡孫」が建てるのが一般的でしたが、 兄弟平等の相続権が認められている現在では、兄弟で建墓費用を負担する例も多くみられます。 しかし、建立者名は、記念碑ではありませんので建墓費用に関係なく、祭祀を主宰するひと一人にするのが普通です。
お墓はいつ建てたるのですか?
これからお墓を建てようとする人が、いちばん気を遣うのが建墓の時期ではないでしょうか。仏教的にはなんの制約もありませんが、供養の面から考えますと少しでも早く建ててあげ、納骨するのが亡くなった方々への供養になります。世間ではお墓は年忌の年か、お盆にしか建ててはいけない、などとよくいわれていますが、これも深い意味はなく、親族一同が揃って供養するのに日頃は互いに多忙なため、仏事を行う際に合わせてするというに過ぎない、いわば身勝手な理由からに外なりません。
お墓に遺骨を埋葬するときは?
自分の庭に勝手にお墓を造ったり、遺骨をお墓以外の場所に埋めたりすることは法律で禁じられています。ただし、寺院などの礼拝堂は都道府県知事の許可がおりていますので、納骨堂として使用できます。埋葬または火葬する場合は、市町村役場に届け、許可を受けなければなりません。
お墓を継承するときは?
お墓は一般の財産とは区別され登記もいらないし、税金もかかりませんが精神的に大きな財産といえます。また、その家の歴史を継承することになりますのでとても大切なことなのです。お墓は建ててしまえばそれで終わりということではなく、子孫から子孫へうけつがれ、とどこおりなく祭祀されるということに重要な意味をもちます。
分家初代がお墓を建てるときは?
分家初代とは、本家から独立した二男、三男などのことをいいます。新仏がないのに分家初代でお墓をつくると、つくった直後に新仏が出来るということをよく耳にしますが、これは死に対する恐怖心から、数少ない事例が誇大に伝わったものであり、建墓本来の意義からみますとまったく逆なのです。いずれは自分たちの家族も入るお墓ではありますが、その前に自分の生と肉体を授かった先祖を供養する供養塔なのです。
お墓の手入れ方法を教えてください
墓石にはよく、松ヤニや、鳥の糞、水あかや土砂ぼこりなどがつきますが、これらは早く取りのぞかないと石の風化を早めることになります。よく絞ったタオルや布できれいに拭きとりましょう。これを定期的に行っていますと、いつまでも墓石の表面のつやが保たれ、風化を防ぐことができます。お墓は、私達の家と同じで、先祖の住まいであることを忘れないでください。日あたり、水はけ、風通しのよいところに建てられた清潔なお墓こそ、遠いたましいとの触れあいを与えてくれる大切な心の故郷なのです。お墓の手入れは死者への供養であり、非常に大切なことです。お盆、彼岸は勿論、機会をみてはお参りし、お墓を常にきれいにしておきたいものです。

お墓参りの際の「供物」は持ち帰りましょう
せっかくの花や供物を鳥獣が食いちらかしては、故人の供養になりません。まして腐敗した供物がいつまでも墓前にならんでいるにいたっては論外です。供物などはお参りが終わったら帰りには供物などは持ち帰りましょう。
お墓が完成するまでの期間を教えてください
お墓を建てるにあたって要する日数は、石材の加工から始めて、基礎工事から据付までおよそ一ヶ月以上はかかります。予定をよく考え合わせて早めに発注しましょう。
お墓を新しく建て直すときは?
お墓を新しく建て直すときは、古い墓石のお魂ぬきの法要を行ってから、新しい墓石を据付けて「開眼法要」を行い、お魂入れをします。
自分のお墓を生前に建てるときは?
生前建てるお墓のことを「寿陵」といいます。家に幸せをもたらし、長命を約束されるとされています。その名称からもわかるようにおめでたいこととされています。

  • 寿陵の開眼法要の場合には、お祝いごとに準じた服装をします。
  • 墓石に仏名または俗名を刻んでおく場合には、文字に朱を入れておきます。
  • ご僧侶へのお布施は、紅白の「のし袋」を使用します。
お墓を移転(引越し)させたいときは?
お墓をもとにあった所から、別の場所に移すことを「改葬」といいます。 無許可で行えば法律に触れますので、次のような手続きをしなければなりません。

  • お魂ぬきの法要、戒名、古い墓石の整理
  • 埋蔵証明書(墓石管理者の証明)
  • 受け入れ証明書(移転先の墓地管理者の証明)
  • 改葬許可の交付(元のお墓のある役場)
  • 開眼法要
寺院墓地または霊園を購入(申込み)するときは?
寺院墓地(お寺や境内にある墓地のこと)を購入するときは、自分の家の宗派を確認してから選びましょう。最近、寺院によっては宗派を問わず受付けるところもあります。また、公営や民営の霊園の場合、管理や施設の状況と、申し込んでから購入できるまでの時期などをよく確かめ、経営内容もしっかりしているところを選びましょう。遺骨はお墓ができあがるまで寺院墓地または霊園の納骨堂に預けておくこともできます。
墓地に必要な広さ(面積)を教えてください
一般的には都市部で一区画「四平方メートル」、地方で「六平方メートル」くらいの墓地が多いようです。建てるお墓の形式や予算に応じて広さを決めましょう。
お墓の「墓相」を気にする必要はありますか?
近年、「墓相」という言葉をよく聞きます。しかし、これらの多くは結局、特殊な石碑や、お墓の材料あるいはお墓の本などを売りつけるための一つの方便に過ぎず、科学的な根拠に乏しいものが大半です。従って墓相にもいろいろな派があり、内容を検討してみると食いちがいが多く見られます。 極端な例になると「このような型式、石材で建てないお墓は、すべて凶で不幸を招く・・・」と強調し、結局自分の商品を売りつける店もあります。まったく、人間の弱みにつけ込んだ商魂には、呆れるばかりです。形式にこだわりすぎたり、他人の話をうのみにして建てたお墓は見かけだけのもので、心がこもっていないお墓といえましょう。名実ともによいお墓とは、あくまで故人のことを思い、先祖に対する「敬い」や「供養の心」でつくられたものです。要はお墓をつくり、これを祭祀していく人の心の問題であって、決して石碑の型や色の問題ではありません。


 
トップページ   JAの石碑   よくあるご質問